ホーム別科案内課程案内特別履修課程案内

特別履修課程案内

特別履修課程案内

Ⅰ 特別履修課程案内

別科特別履修課程は、本学で開講している専門科目および共通科目の履修を希望する外国の学生を受入れる課程です。以下のような目的をもった方に適した課程となっています。

  • 既に相当な日本語能力を有し、本学で開講している専門科目等の履修を目的とする方
  • 英語を母語とするなど、高い英語能力を有している方で、本学の英語で開講される科目の履修を目的とする方
  • ある程度日本語の学習経験を持っていて、更に日本語能力を高めたい方

Ⅱ 学期・単位・修了など

○本学は以下の通り2学期制となっており、入学時期は4月または9月となります。

  • 前期 4月1日から7月31日
  • 後期 9月15日から翌1月31日

○本学の授業は、各学期とも15週間+試験で単位を認定しています。

  • 日本語科目:週90分(1コマ)×15週 で1単位
  • 講義・演習:週90分(1コマ)×15週 で2単位

○1学期間に週7コマ以上履修し、10単位以上修得した場合は、受講証書を発行したします。

 成績証明書の発行時期は以下の通りです。

  • 前期の成績:学期終了後9月初旬
  • 後期の成績:学期終了後3月上旬

Ⅲ 科目履修の条件等

表Ⅰの日本語科目を履修する場合

○来日後にプレイスメントテストを行い、基礎(ES)、初級前期(E0)、初級後期(E1)、初中級(E2)、中級前期(E3)、中級後期(E4)、上級(E5)の7つのレベルに則した科目を履修することができます


表Ⅱの学部科目(英語)を履修する場合

○許可された専門科目のなかで、JAS(Japan-Asia Studies)など英語で授業を行っている科目を英語圏以外の学生が受講するにはTOEFL iBT71点以上取得していることが必要です。


表Ⅱの学部科目(日本語)を履修する場合

○プレイスメントテストの結果、中級後期(E4)、上級(E5)になった学生は、各学部の科目のうち許可された科目を履修することができます。

※ただし、「日本伝統文化」や体育など、一部の科目については、日本語のレベルに関係なく履修することができます。

日本語能力別科目履修表
日本語能力試験
レベル目安
日本語科目
表Ⅰ
学部科目(英語)
表Ⅱ
学部科目(日本語)
表Ⅱ
N5合格に達しない ○(ES) 一部可能
N5合格に達しない ○(E0) 一部可能
N5合格レベル ○(E1) 一部可能
N4合格レベル ○(E2) 一部可能
N3合格レベル ○(E3) 一部可能
N2合格レベル ○(E4)
N1合格レベル ○(E5)

※1:「学部科目(英語)」を履修できるのは、英語圏の大学からの学生またはiBT71点以上の学生です。

※2:「学部科目(日本語)」の履修は、日本語能力のレベルによって制限されます。

○募集要項はこちら

創価大学別科特別履修課程募集要項

※この課程に在籍できるのは原則4学期間までとなります。

この課程で学士号は取得できません。

科目表一覧



このページの先頭へ